2014年01月12日

ニキビ跡もツルツルに!肌荒れしにくい健康なツルツル肌を取り戻そう

■肌荒れしにくい健康な肌を取り戻そう


002.jpg

ニキビのケアに失敗してしまい、ニキビ跡にお悩みのあなた。
ニキビ跡がなかなか消えてくれない原因を教えてあげましょう。
原因を取り除いてあげれば、あなたのニキビ跡も次第に消えてなくなってしまします。
なかなか消えない理由・原因は実は簡単な事なのです。 
原因を取り除く、間違った方法を改める。
方法はいたって「シンプル」です。

目指せ!赤ちゃんのツルツル肌!



■ニキビ跡の治しかた
肌荒れでお悩みのアナタ。

クッキリ残ってしまった「ニキビ跡」で悩んでいませんか?

なかなかニキビ跡が消えてくれない原因は肌にあったのです。

ニキビや肌荒れが原因で「硬くなってしまった角質」に原因があるのです。


肌の生まれ変わりのサイクルは平均28日間。

硬くなった肌は代謝が衰えてしまい、28日で生まれ変われなくなってしまったのです。



では、どうすればいいのか?

簡単なことです。

硬くなってしまった肌をやわらかくしてあげればいいのです。



■荒れた肌質を改善しよう

どうやって硬くなった肌・角質を柔らかくすればいいのでしょうか?

それは、肌に十分な保湿成分と栄養を与えてあげればいいのです。

肌の柔軟性を高め、浸透しやすいはだをつくり上げます。


導入型柔軟化粧水 リプロスキンが可能にします。
1日に2回のスキンケア。

たった1本のリプロスキンに8種の美容成分が凝縮されています。
↓↓↓↓↓
Reproskin(リプロスキン)



1日2回のケアで赤ちゃんのような「ツルツル肌」が手に入ります。

美しい肌を取り戻す「集中ケアプラン」がオススメです。

通常 6,300円 の リプロスキン が 4,980円 で購入できます。
↓↓↓↓↓





さらに、60日間返金保証

「集中ケアプラン」でも2回目到着以降はいつでもキャンセルOK!



凸凹、黒ずみ、赤らみ、ニキビ痕をスベスベお肌に導きます!!

シミなどで汚く人には見せられない・・・

そんな悩みと サヨナラしましょう!
posted by けちゃーぜ at 11:02| Comment(2) | 肌荒れ・ニキビ跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニキビができたら気をつけること

「ニキビができた!」  びっくりしますね。

ケアを間違わなければ、次第に症状は良くなりますし「きれい」に治ります。

気をつけることは次の2つだけ!


■ニキビに刺激を与えない

■肌の乾燥を防ぐ

この2つだけです。



では順を追ってお話します。



1.ニキビに刺激を与えない(洗顔)
 間違っても潰したり、搾り出したりしてはいけません。酷いニキビ跡g残ってしまいます。
洗顔に気をつけましょう。洗顔フォームを手にとり泡立てもせずに「ゴシゴシ」洗うのをやめましょう。ニキビを潰してしまうかもしれません。

洗顔フォームは大切な皮脂を残しつつ汚れをキチンを落とせる「微アルカリ性」の洗顔フォームを使いましょう。もちろんよく泡立てた「泡でやさしく」洗います。



2.肌の乾燥をなくす(保水力のある化粧水)
 乾燥は肌荒れの原因でもあり大敵です。十分な水分を補ってあげましょう。ここで勘違いしがちなのが、あくまでも「保水」であり「保湿」ではないことです。
保湿の場合、油分の含まれている化粧水や乳液があるので、「保湿」効果の高いものは使わないよにしましょう。

肌に十分な水分を補ってくれる「保水」効果の高い化粧水を使いましょう。コットンなどの繊維が刺激となりニキビの症状を悪化させしまうこともありますので、清潔な手で直接肌に優しく与えてあげましょう。



以上2点はニキビケアの基本です。

ただし、症状は千差万別。

症状が酷かったり、痛みが伴う場合は専門の医師に相談しましょう。
posted by けちゃーぜ at 11:00| Comment(1) | 肌荒れ・ニキビ跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌のターンオーバーを助ける3つの栄養(イソフラボン)

乾燥肌・肌荒れに効果があって肌のターンオーバーを助ける栄養。美肌をつくる三つの栄養の最後です。

★イソフラボン (ターンオーバーの正常化)

【イソフラボンの働き】
肌の新陳代謝を高めて細胞の老化を防ぎます。代謝を高めることで生理不順の改善や更年期障害の改善にも効果があります。

◆代表的な食べ物
豆腐、納豆、豆乳、味噌汁、きなこ、厚揚げ、枝豆など
大豆に多く含まれる栄養なので、大豆製品全般といえます。



いずれの栄養も適量で、過度に摂取すると体調を崩してしまうかもしれません。
得にサプリメントで摂取する場合は適量の心掛けましょう。

posted by けちゃーぜ at 10:58| Comment(0) | 肌・角質ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。